ジュドー君とばったり

「えーと…小麦粉でしょ、それからバターにチョコレートに砂糖…砂糖はグラニュー糖がいいんだっけ…」
「あれっ?ジェーンさんじゃん!なにしてんの?」
「わっ!びっくりしたなぁもう…ジュドー君こそなにしてんの?スーパーなんかで」
「俺?俺はただの買い食い」
「スーパーで?」
「だって安いじゃん。惣菜も弁当もコンビニのより断然美味いし」
「(なんか所帯染みてる台詞…)」
「ほら見てよ、これなんか今日だけ98円なんだよ?」
「えっ!?そのクッキー超おいしいやつだよね?…私も買っちゃおうかな…」
「急がないと売り切れちゃうよ〜。で、ジェーンさんは何買ってるの?」
「ああこれ?ホラ、もうすぐバレンタインだからさ、みんなに配ろうと思って」
「手作り?」
「うん」
「……ジェーンさん、料理できるの?」
「(ムカ)失礼な!甘く見てもらっちゃ困るわね!」
「あ、そうだよねー!」
「そうよ、目玉焼きぐらい作れるんだから!」
「えっ?」
「あとはそう、ホラ、ええと…その、アレよアレ!」
「………」
「とっ、とにかく料理ぐらい出来ます!出来るんです!」
「はぁ、そう」
「…信用してないでしょ」
「いや…」
「何よ」
「だって、お菓子作りに有塩バター選んでるんだもん…」
「!!!」
「普通さ「違うわよ!」」
「これはホラ、アレよ!塩キャラメル的なアレ!」
「(さっきからアレしか言ってないな)」
「いいよね、塩キャラメル!なんつーの?甘いけどしょっぱいみたいな?(食べたことないけど)まぁでもジュドー君が普通のお菓子欲しいんなら、塩入ってないバター「無塩バターね」…無塩バター、一応買っとくけど」
「(ぷっ)いや、ジェーンさんが思うように作ったのが食べたいんだけどなぁ」
「(コイツ、絶対わざと言ってる…!)」

ガトー先生に叱られる

ジェーン、授業中に寝るなと何度言ったらわかるのだ」
「いや、今回はちゃんとした理由がありまして…」
「居眠りに理由があるか!」
「ま、まぁそう言わずに聞いてくださいよ!ガトー先生!」
「…………」
「(ドキドキ)」
「……………………言ってみろ」
「(ほっ)明日、バレンタインじゃないですか」
「バレンタインだと?」
「2/14ですよ」
「知っている。バカにするな」
「(別にそういうつもりじゃ…)で、私も頑張って手作りチョコにチャレンジしているわけでして」
「何?チョコレートを?」
「はい」
「カカオの豆から栽培するのか?」
「はぁ?なわけないでしょ!溶かして固めるだけです!」
「そうか。カカオはこの国じゃ育たないからな…で、それは"作る"というのか?」
「(一々ツッコミがめんどくさ!)まぁまぁまぁ!で、チャレンジしているわけですよ!」
「それはさっきも聞いたぞ」
「(ムカッ)…で、中々うまくいかないんですよね」
「溶かして固めるだけなのにか?」
「えーそうですよ!焦がしたりしてるわけですよ!」
「で、それと居眠りとどう関係があるのだ」
「…………夜中まで何回も練習してたら寝るタイミングを逃しました」
「(…そこまで間抜けだったか)」
「今アホとかそういうこと思ったでしょ」
「…いや」
「先生って女心がわかってなさそーですもんね」
「何?」
「毎年バレンタインが近づくたびに何人もの乙女勇者達がチョコレートという名の剣を振りかざしているというのに、先生みたいな男の人ってなんかそういうの興味なさそうだし、現に私の涙ぐましい努力を鼻で笑うし」
「笑っていないが」
「おんなじよーなもんです!はぁ、先生にはもうチョコレートあげません」
「…………」
「…先生?」
「いや、ちょっとガッカリしただけだ」

ジェリド先輩に呼び出される

「なんですかジェリド先輩。こんなとこに呼び出して」
「おー来たなジェーン
「来ましたよ。放課後に呼び出しなんて不良みたいですね」
「お前相手にんなことするわけねーだろ」
「えっじゃあなんですか、もっといかがわしいことするとか?」
「………」
「そんな嫌そうな顔します!?普通!?」
「お前に手を出すほど俺は困っちゃいねえ」
「さいですか」
「お前を呼んだのはこれだよ」
「紙袋?…わっ、それ全部バレンタインのチョコですか!?」
「おう」
「へぇ、全部義理?」
「なんだよその前提。知るわけねぇ。一方的に渡されたのもあるからな」
「(渡して逃げたのか…本命だな)」
「で、俺は甘い物が苦手だ」
「はぁ」
「お前が半分食え」
「!?嫌です!なんでそんなこと、私がしなきゃいけないんです!」
「男には頼めねーだろ。もらえなかった奴はそんなことされたら余計惨めだろ」
「だからって…嫌ですよそんな、想いというか重いというか、食ったら呪われそうなチョコ食べるのは」
「毒を喰らわば皿まで、だ」
「まだ食ってませんが」
「俺だって妥協して半分食うって言ってるだろ」
「あーもうはいはい。食べますよ!」
「恩に着る」

「(渡しづらくなったなぁ、チョコ)」
「(ジェーンはいつ俺にチョコをくれんだ?)」

いつかのバレンタイン頃のだと思われ。